膝の痛み|名古屋市瑞穂区の新瑞橋でとにかく辛い症状は実績豊富ないまむら接骨院にお任せ下さい

膝の痛み

このようなお悩みありませんか?
Check 階段の上り下りで膝が痛い
Check 走ると膝が痛くなる
Check 膝が腫れていて曲げにくい
Check O脚になってきて見た目が気になる

変形性膝関節症

加齢に伴い膝関節が変形してくると様々な痛みが発生してきます。一般的な病院や整形外科では関節内注射や消炎鎮痛剤にたより、対処療法のみを行うことが多く根本的な解決に繋がりません。
いまむら接骨院では膝の痛みは骨盤や臀部筋、足関節なども総合的に見ていくことで対処療法だけでない根本治療をすることが可能となっております。

関節水腫

関節水腫とは膝に「水」がたまる事を言います。膝に水がたまると膝まわりが腫れ、曲がりにくくなったりします。しかしながらいまむら接骨院では膝の水を注射で安易に抜くことはおすすめしません。重度の場合は必要ですが、軽度〜中程度の場合は圧迫固定でかなり改善します。また、水がどの程度たまっているかは触診で判断出来ますので一度ご相談下さい。

二分膝蓋骨(分裂膝蓋骨)

二分膝蓋骨とは膝のお皿が割れたり欠けていることを言います。原因はジャンプや走り過ぎなどで外側広筋というももの筋肉に引っ張られて起こると言われております。膝のお皿の外側の上辺りが痛い方は一度ご相談下さい。

ジャンパー膝

ジャンパー膝は膝蓋靱帯という膝のお皿の下の太い靱帯が炎症を起こすもので、主にジャンプ競技の選手がなりやすいため、ジャンパー膝と言われております。施術だけでも早期回復が期待出来ますが、テーピングやサポーターも効果がかなりありますので症状を見ながら施術を進めていきたいと思います。

ランナー膝

ランナー膝は膝の外側が痛くなるもので、走り過ぎや使い過ぎにより腸脛靭帯が炎症を起こして発症します。
施術は仙腸関節の機能異常を改善する事で腸脛靭帯の緊張が緩和しやすくなり、早期回復が期待出来ます。

オスグットシュラッター病

オスグッドシュラッター病はスポーツ現場でも非常に多く見られる有名なスポーツ障害です。
サッカーやバスケットボール、テニスなどのよく走るスポーツに多く、脛骨粗面というすねの骨が靱帯に引っ張られて炎症を起こします。
軽度の場合は押すと痛い程度ですが、重度の場合は痛みで歩けなくなる事もあり、骨が剥がれるいわゆる「剥離骨折」の状態にもなります。剥離骨折かどうかはレントゲンで側面から撮影すると容易に判断出来ますが、しっかりとした固定が必要になります。

シンスプリント

シンスプリントは陸上やテニスなどのよく走るスポーツに多く、繰り返し使う事で脛骨というすねの内側の骨に炎症が起こります。
施術はアキュスコープによる疼痛緩和を基本にテーピングやインソール療法、足関節の調整で早期回復を図ります。
診療時間

PageTop