名古屋瑞穂区 新瑞橋のいまむら接骨院はスポーツ障害などの辛い痛みが得意!先進治療器も使い早期回復を目指します!

スポーツ外傷 スポーツ傷害

このような事でお困りでありませんか?
Check 運動した後に筋肉や関節が痛くなる
Check 走ると膝やすねが痛い
Check スポーツの記録が伸びない
Check 怪我をしたが試合までにはなんとかしたい
Check 左右のバランスが悪い
スポーツ
いまむら接骨院ではスポーツによるケガやリハビリを得意としております。院長は大手整形外科リハビリ主任の経歴があり、軽度から重度まで様々な怪我やスポーツ外傷に対応致します。
私自身も学生時代怪我をして試合に出られずにつらい思いをした経験から、選手には一刻も早い回復を目指し、試合や練習に少しでも早く出られるように的確な固定やテーピング、アキュスコープ等を使用致します。
アキュスコープは骨折や肉離れの早期回復が期待出来ますので受傷後はいまむら接骨院への早めのご来院をおすすめします。

電話番号

アキュスコープ

akyu

当院ではプロスポーツ選手も愛用するアメリカ製のアキュスコープという先進治療器を導入しております。症状の緩和が非常に早く、スポーツ現場への早期復帰などにも期待が出来ます。
詳細情報

骨折 脱臼

骨折は提携先整形外科にてレントゲンを撮ってきていただきます。骨折や脱臼は応急処置を除き治療する場合は医師の同意(口頭でも可)が必要になりますので、すでに整形外科に受診している方はCDなどに入れたレントゲンデータと医師の同意を得てからご来院していただけるとスムーズに治療が開始出来ます。
骨折や脱臼、捻挫などは日にち薬と思われがちですが、固定の仕方や固定期間、アキュスコープによる通電で早期の回復が期待出来ます。

骨折

捻挫

いまむら接骨院で足首の捻挫はこの様なプライトンというシーネ固定をおすすめします。この固定法は私が整形外科勤務時代にギプス固定とともに使用しており、非常に便利で回復が早かったため、今でも使っております。
この固定法は@歩けるA固定力が強いB取り外しが出来るという利点があり、ギプスまではしたくないけど固定はしっかりしたいという場合には非常におすすめします。(症状や生活環境によってはテーピングやギプスも選択肢になります)

捻挫

代表的なスポーツ外傷

脊椎・体幹 腰椎分離症、ゴルフ骨折(疲労骨折)、ギックリ腰
上肢 外傷性肩関節脱臼、野球肩、投球骨折、野球肘、テニス肘、マレットフィンガー、突き指、ボクサー骨折、
下肢 ハムストリング肉離れ、膝十字靱帯損傷、半月板損傷、オスグッドシュラッター病、ジャンパー膝、腸脛靱帯炎、腓腹筋肉離れ、シンスプリント、足関節外側靱帯損傷、アキレス腱周囲炎、足底筋膜炎、種子骨障害

疲労骨折

スポーツなどで繰り返し骨に衝撃が加わると骨膜に炎症が起こり、ひどくなると骨折することもあり、疲労骨折と言われます。
スポーツ競技では陸上部でよく走る方、剣道などで繰り返し踏み込む事で中足骨という足の甲のあたりの骨に多く見られます。
施術はアキュスコープによる疼痛緩和や固定具を使い患部の安静を保つことが必要になります。

野球肘

野球などで繰り返しボールを投げていると肘の内側の上腕骨内側上課という骨が炎症を起こすいわゆる付着部炎の一種です。
軽度の場合は患部の筋緊張緩和とAKA療法、アキュスコープによる疼痛緩和で早期回復を目指しますが、重度の場合は精密検査にて遊離軟骨の有無等調べた方がいいでしょう。

テニス肘

手や肘を使い過ぎる事で肘の外側の骨が炎症を起こすものを総称してテニス肘と言います。
元々はテニスをしている人がなりやすかったためテニス肘と言われていますが手を繰り返し使う仕事やパソコンのし過ぎでも起こりやすくなっております。施術はAKA療法で肘関節や手関節の調整、アキュスコープによる疼痛緩和で早期回復を図ります。

腱板損傷

腱板損傷は野球や重労働などで肩を使い過ぎた時に肩を構成する挙上筋、挙下筋、小円筋、肩甲下筋などの筋肉や腱が損傷を起こします。
重度の場合は腱板断裂や剥離骨折なども起こるため早期の治療が必要になります。
固定は三角巾で腕の重さを逃がすことが重要になります。

ジャンパー膝

ジャンパー膝は膝蓋靱帯という膝のお皿の下の太い靱帯が炎症を起こすもので、主にジャンプ競技の選手がなりやすいため、ジャンパー膝と言われております。施術だけでも早期回復が期待出来ますが、テーピングやサポーターも効果がかなりありますので症状を見ながら施術を進めていきたいと思います。

ランナー膝

ランナー膝は膝の外側が痛くなるもので、走り過ぎや使い過ぎにより腸脛靭帯が炎症を起こして発症します。
施術は仙腸関節の機能異常を改善する事で腸脛靭帯の緊張が緩和しやすくなり、早期回復が期待出来ます。

オスグッドシュラッター病

オスグッドシュラッター病はスポーツ現場でも非常に多く見られる有名なスポーツ障害です。
サッカーやバスケットボール、テニスなどのよく走るスポーツに多く、脛骨粗面というすねの骨が靱帯に引っ張られて炎症を起こします。
軽度の場合は押すと痛い程度ですが、重度の場合は痛みで歩けなくなる事もあり、骨が剥がれるいわゆる「剥離骨折」の状態にもなります。剥離骨折かどうかはレントゲンで側面から撮影すると容易に判断出来ますが、しっかりとした固定が必要になります。

シンスプリント

シンスプリントは陸上やテニスなどのよく走るスポーツに多く、繰り返し使う事で脛骨というすねの内側の骨に炎症が起こります。
施術はアキュスコープによる疼痛緩和を基本にテーピングやインソール療法、足関節の調整で早期回復を図ります。

電話番号

診療時間

PageTop