スポーツ外傷(スポーツ障害)|新瑞橋でとにかく辛い症状は実績豊富ないまむら接骨院にお任せ下さい

スポーツ外傷 スポーツ傷害

このような事でお困りでありませんか?
Check 運動した後に筋肉や関節が痛くなる
Check 走ると膝やすねが痛い
Check スポーツの記録が伸びない
Check 怪我をしたが試合までにはなんとかしたい
Check 左右のバランスが悪い
いまむら接骨院ではスポーツによるケガやリハビリを得意としております。私自身も学生時代怪我をして試合に出られずにつらい思いをした経験から、選手には早期回復を目指し、試合や練習に少しでも早く出られるように的確な固定やアキュスコープを使用します。
アキュスコープは骨折や肉離れの早期回復が期待出来ます。受傷後はいまむら接骨院への早めのご来院をおすすめします。

サッカー

アキュスコープ

akyu

当院ではプロスポーツ選手も愛用するアメリカ製のアキュスコープという先進治療器を導入しております。症状の緩和が非常に早く、スポーツ現場への早期復帰などにも期待が出来ます。
詳細情報

骨折 脱臼

骨折は提携先整形外科にてレントゲンを撮ってきていただきます。

骨折

捻挫

いまむら接骨院で足首の捻挫はこの様なプライトンというシーネ固定をおすすめします。この固定法は私が整形外科勤務時代にギプス固定とともに使用しており、非常に便利で回復が早かったため、今でも使っております。
この固定法は@歩けるA固定力が強いB取り外しが出来るという利点があり、ギプスまではしたくないけど固定はしっかりしたいという場合には非常におすすめします。(症状や生活環境によってはテーピングやギプスも選択肢になります)

捻挫

代表的なスポーツ外傷

脊椎・体幹 腰椎分離症、ゴルフ骨折(疲労骨折)、ギックリ腰
上肢 外傷性肩関節脱臼、野球肩、投球骨折、野球肘、テニス肘、マレットフィンガー、突き指、ボクサー骨折、
下肢 ハムストリング肉離れ、膝十字靱帯損傷、半月板損傷、オスグッドシュラッター病、ジャンパー膝、腸脛靱帯炎、腓腹筋肉離れ、シンスプリント、足関節外側靱帯損傷、アキレス腱周囲炎、足底筋膜炎、種子骨障害

疲労骨折

スポーツなどで繰り返し骨に衝撃が加わると骨膜に炎症が起こり、ひどくなると骨折することもあり、疲労骨折と言われます。
スポーツ競技では陸上部でよく走る方、剣道などで繰り返し踏み込む事で中足骨という足の甲のあたりの骨に多く見られます。
施術はアキュスコープによる疼痛緩和や固定具を使い患部の安静を保つことが必要になります。

野球肘

野球などで繰り返しボールを投げていると肘の内側の上腕骨内側上課という骨が炎症を起こすいわゆる付着部炎の一種です。
軽度の場合は患部の筋緊張緩和とAKA療法、アキュスコープによる疼痛緩和で早期回復を目指しますが、重度の場合は精密検査にて遊離軟骨の有無等調べた方がいいでしょう。

テニス肘

腱板損傷

ジャンパー膝

ランナー膝

オスグッドシュラッター病

シンスプリント

診療時間

PageTop