AKA療法とは|新瑞橋のいまむら接骨院|交通事故施術・骨盤矯正・肩こり・腰痛はお任せ下さい!

AKA療法

いまむら接骨院では基本的な施術の考え方としてAKA療法という関節運動学の理論を用いて施術しております。

骨盤

AKA療法とは

AKA(エーケーエー)とはArthro kinematic Approachの略で、関節運動学的アプローチと言います。AKAはアメリカで始まったリハビリ技術です。
AKAは仙腸関節という骨盤の関節がお身体の不調の原因になっている事が発見されて以降、様々な施術に応用されております。
いまむら接骨院ではそれらのAKAの関節運動学をもとに骨盤橋正や腰痛、お身体の様々な不調の施術に用いてます。

骨盤

AKA療法との出会い

私がAKA療法に出会ったのは、私が整形外科に勤務していた頃でした。
当時、AKA療法で有名な某クリニックに勤務していた人と運よく一緒に働く事が出来ました。
その人の治療法を見ていると、治療中に軽く関節を動かすだけで患者様が「あれ、痛くない」、「魔法のようだねえ」と言われていて私は衝撃を受けました。
私が整形外科に主任として勤務していた時は骨折や脱臼などの重傷な怪我にとても自信を持っていましたが、慢性痛には電気治療やマッサージくらいしか出来ませんでした。

正直、このままではいろいろな症状は治せないと思っていた矢先の出来事でした。
私は「これだっ」と思いこのAKA療法に夢中になりました。身体に負担なく、効果が期待出来る治療法はこのAKA療法しかないと思いました。

それ以来、私はAKA療法を身に付けるために名古屋(埼玉在住時)や京都まで通い今に至りました。

AKA療法の特徴

特徴@

ボキボキしないやさしい施術

ボキボキしないで、やさしい力で押す、揺らす程度の力で行いますのでお子様からお年寄りまで安心して施術を受けられます。

特徴A

産後の骨盤と非常に相性がいい

やさしい施術ですので、産後の開いた骨盤に最も適しております。また、骨盤の開きだけでなく、ゆがみや辛いお身体にも期待がもてます。

特徴B

お身体のほとんどの関節に施術が出来る

AKA療法は骨盤だけでなく、ほとんどの関節に施術が出来ます。関節の固さや動きがよくなると、お身体全体のバランスがよくなります。

AKA療法が得意な関節

体幹 頚椎、胸椎、腰椎、肩甲骨、仙腸関節(骨盤)、肋骨等
上肢 肩関節、肘関節、手関節、手根関節、指関節等
下肢 股関節、膝関節、足関節、足根関節、指関節等
診療時間

PageTop