いまむら接骨院のブログ | 新瑞橋のいまむら接骨院|交通事故施術・骨盤矯正・肩こり・腰痛はお任せ下さい!

ブログ
2017年11月24日 [Default]

名古屋市瑞穂区の新瑞橋で肩こり、腰痛、骨盤矯正が得意ないまむら接骨院です。

いまむら接骨院の今村です。
最近めっきり寒くなってきましたね。身体が慣れないせいかとても寒く感じますね。特に冷え性の方はこれからの季節は辛い日々が続きますので冷え性対策は非常に重要になってきます。今日は家庭で手軽に冷え性対策が出来る「生姜(しょうが)」が非常におすすめです。

【栄養成分としての働き】
新陳代謝を活性にし、体を温めて冷え性を改善します。
栄養的にはビタミンB1、B2、Cが少量含まれる程度ですが、特有の辛みや香りにすぐれた薬効があります。まず、ショウガの辛みは、ジンゲロンやショウガオールと言った辛み成分によるものです。これらにはすぐれた殺菌力があり、食中毒の予防に有効です。また、胃液の分泌を促進し、消化吸収を助けるので食欲のないときなどには積極的に摂るようにするといいでしょう。新陳代謝を活発にし、発汗作用を高める働きもあります。
さらに、内臓の働きも活発にします。とくに腎臓ではこれらの成分の保湿作用によって冷えからくる腎盂炎や膀胱炎に効果的だと言われています。
辛み成分の一つであるジンゲロンには、魚などの臭みを消す消臭作用があると同時に、日和見菌に対する抗菌性などが認められています。つまり、魚などによる中毒を予防する働きもあるということです。ショウガの香りはジンギベレンという成分です。胃を健康にする作用、解毒作用、消臭作用があり、かぜの初期症状や吐き気止め、痰切り、咳止め、冷え性の改善、神経痛の緩和などに効果があります。また、ジンギベレンはコレステロール値の低下や血圧降下にも働くことがわかっています。

【生姜の漢方的な働き】
食用には根ショウガ、芽ショウガ、葉ショウガがあります。漢方では根ショウガを生姜と呼び、石炭をまぶして陰干しにしたものを乾姜といいます。乾姜は生よりあたためる作用が強く、冷えによる下痢などにいいとされています。

【生姜の効果・効能】
・冷え性改善・胃の健康・免疫力の向上・発汗促進・咳を鎮める・痰をとる・解熱・血栓を予防・鎮痛作用・抗炎症作用・心臓を強化・吐き気を抑える・めまいや耳鳴りを予防・抗菌、抗寄生虫、抗ウイルス作用・コレステロールを安定させる・抗酸化作用でアンチエイジング・うつ病を予防・デトックス作用

【しょうが摂取方法】
生姜ショウキョウ・・・主成分「ジンゲロール」1日6g
発散発汗作用があり、体温を一気に上げた後、発汗作用で熱を冷ますため、風邪の症状(喉の痛みや咳)を軽減する作用や解毒作用がある。
例)生姜の絞り汁。食べる直前に用意する。
「ジンゲロール」は身体の深部の熱を手足の先の血管に送り出す解熱作用がある。身体を温める効果を期待する場合、生の生姜は逆効果になるので注意しましょう。

乾姜カンキョウ・・・主成分「ショウガオール」1日2〜3g
温かさを持続する効果があるため、冷え性改善に適している。肺を温め、痰を除く。
例)乾燥させることで生姜の旨み成分が凝縮されるため、味噌汁やスープに入れると生の生姜よりも風味が出て美味しくなる。

乾燥生姜の作り方
@スーパーで生姜を購入する
A生姜を皮ごと縞に平行になるように切る
B生姜の厚さは2ミリ程度にする
C切った生姜を重ならないようにザルなどに並べる
D2〜3日生姜がカラカラになるまで天日で干し、自然乾燥させる

※乾燥生姜や乾姜をお料理に使用するときは温かいものにトッピングしてしてください。乾燥生姜や乾姜に含まれるショウガオールは「冷える+水の存在」でジンゲロールに変わります

【本日の症例】
出産後に脚の付け根が痛くなり、いまむら接骨院にご来院されました。出産後は骨盤の痛みや腰痛を訴える方が多いのですが、脚の付け根(鼠径部)の痛みも比較的多い場所になります。
出産後の骨盤はゆがみと開きが起こりやすく、赤ちゃんを抱っこする事で痛みが出やすくなります。
ただ、今回は産後2週間という早い段階でいまむら接骨院に来ていただきましたので産後の骨盤矯正とアキュスコープにより痛みもほとんど取れ、ゆがみと開きも改善してきました。
いまむら接骨院の産後の骨盤矯正は出産後すぐにできるという特徴もありますので、出産後は出来るだけ早めに来ていただけると改善も非常に早くなります。

出産後に身体の調子が悪い方、ゆがみが気になる方は名古屋市瑞穂区、新瑞橋のいまむら接骨院にぜひお越し下さい。


診療時間

PageTop