いまむら接骨院のブログ | 新瑞橋のいまむら接骨院|交通事故施術・骨盤矯正・肩こり・腰痛はお任せ下さい!

ブログ
2018年07月05日 [Default]

名古屋市瑞穂区、新瑞橋駅すぐにあるいまむら接骨院です。

名古屋市瑞穂区、新瑞橋駅すぐのいまむら接骨院です。

まだまだ梅雨が明けず雨が続きますが、これから暑くなる夏の対策はお済みですか?
夏は熱中症だけと思われがちですが、夏の貧血も比較的多く見られます。貧血は体質によるものと思われがちですが、夏場の貧血は誰にでも起こる可能性があります。暑い日に、目の前がくらくらした経験はありませんか?これは発汗により体内のミネラルが失われ、栄養が不足した状態です。また、暑さや室内外の温度差によって身体に酸素が回らなくなる、いわゆる夏バテの状態も、立ちくらみや倦怠感といった貧血の症状を引き起こす原因となります。
夏バテといえば「水分、塩分を摂る」は定番化されていますが、もうひとつ重要なのが「鉄分」補給です。鉄分は汗と一緒に流れ出てしまう成分のひとつです。鉄分の最も大切な働きは、血液中の酸素を身体のすみずみまで運ぶことです。
貧血は短期間では治らない「病気」です。単なる夏バテと思い込まず、普段からしっかりと鉄分補給を心がけましょう。

鉄分の働き
・身体のすみずみまで酸素を運ぶ
・筋肉中の酸素を貯蔵する
・脳の働きをコントロールしてやる気をアップする
・コラーゲンを増やして、肌、爪、髪を美しくする
・骨の健康に欠かせない
・免疫力を高める

鉄欠乏性貧血の症状
・めまい
・頭痛
・肩こり
・耳鳴り
・顔色が悪い
・息切れ・動悸
・疲れやすい、だるい

貧血予防・鉄不足に効果のある食材
春・・・カツオ、赤貝、あさり、菜の花、キャベツ、イチゴ
夏・・・キハダマグロ、ほうれん草、あなご、ゴーヤ、オレンジ、メロン
秋・・・イワシ、カツオ、柿、鮭、サツマイモ
冬・・・カキ、小松菜、ブロッコリー、みかん、ほうれん草
一年中・・・レバー、ひじき、豚もも肉、牛乳、卵、大豆、ジャガイモ、バナナ

料理の仕上げにレモン汁をかけたり、肉や豆類を合わせたりと少しの工夫で鉄分の吸収がアップします。
逆に鉄の吸収を妨げるのはカフェインです。食事の前後にコーヒーや紅茶、緑茶を飲む場合は2〜3時間空けるようにしましょう。

【本日の症例】
本日は6歳のお子様がお兄ちゃんとぶつかり、上から乗っかられてしまい、首を痛めて首が斜めになってしまい来院されました。
いまむら接骨院に来る前には整形外科でレントゲンを撮って来たとのことです。骨に異常はないと言われ安心したものの、特に首の痛みに対しては何もしてもらえず、子供が痛みで辛そうであったため来院されたそうです。
通常、病院や整形外科では注射や薬のみ、あるいは簡単な電気やマッサージ程度の治療が多いです。しかし、今回のような外傷性の痛みに対しては(年齢的な事も含めて)注射や薬では疑問が残りますし、マッサージは痛みが増す可能性があります。いまむら接骨院ではこのような痛みには、頚椎をゆっくりとやさしく調整し動きを改善し、アキュスコープという先進治療器で痛みを緩和していきます。アキュスコープは通常の電気治療器と違いピリピリとした皮膚への刺激がほとんどないため、電気の苦手な方やお子様でも安心して治療を受けられます。
施術後、痛みは緩和されましたが、まだ首の運動痛が残っており、明日には遠足があるという事でしたので写真のような頚部固定を致しました。頚部の固定というと、一般的には交通事故のよるむち打ち症の時に使うポリネックという頚椎用の固定具を思い出す方が多いと思いますが、通常の頚椎捻挫や寝違えでも非常に有効です。また、子供のためサイズが非常に小さいために厚紙を用いて手作りで作製いたしました。装着後、かなり傾いていた首もまっすぐになり、次の日の遠足にも行けたようでよかったです。
子供の怪我は大人と違いうまく痛みを伝えられない事も多く、専門家である私たちが子供の様子を観察し、症状を把握していく必要があります。また、運動会や遠足など楽しみにしている行事があれば出来るだけ参加できるように痛みを取ってあげる事が使命と思っております。

名古屋市瑞穂区新瑞橋駅近くで交通事故むち打ち、肩腰、スポーツ外傷でお困りの方はいまむら接骨院にぜひご相談ください!


頚部固定


診療時間

PageTop