いまむら接骨院のブログ | 新瑞橋のいまむら接骨院|交通事故施術・骨盤矯正・肩こり・腰痛はお任せ下さい!

ブログ
2018年07月31日 [Default]

新瑞橋で接骨院をお探しならいまむら接骨院へ!

新瑞橋で交通事故むち打ち、骨盤矯正が得意ないまむら接骨院です!

まだまだ非常に暑い日が続きますがいかがお過ごしですか?

暑い日が続くと夏バテになる方も多いようで注意が必要です。
本来、夏バテとは胃腸の機能低下と脱水傾向などが引き起こす身体の変調の事です。暑気あたり、暑さ負け、夏負けなどとも言われ、夏の暑さや多湿が続くことに影響を受けて起こる身体の変調を指していいます。症状の現れ方もさまざまですが、主に食欲不振、全身の倦怠感やだるさ、入眠困難や気力の喪失などがあげられています。夏バテ対策をしっかり行い、暑い夏を乗り切りましょう。

夏バテの日常生活から考えられる原因
・室内外の温度差による自律神経の乱れ
猛暑の室外からエアコンで冷えた室内に戻る時などの急激な温度差は体力を消耗し、夏バテの原因になります。さらに冷房の効きすぎた部屋にいると、そのストレスから自律神経がうまく働かなくなります。加えて、自律神経の変調が胃腸の不調や全身の倦怠感、さらには食欲不振を招き、夏バテを引き起こします。

・高温多湿の環境による発汗の異常
高温多湿の環境が続くと、汗の出口周辺が詰まり、発汗が困難になることがあります。それによって、体温調節がうまくいかなくなります。また、直射日光の下にいると発汗が過剰になり、体の水分が不足気味になって夏バテを引き起こします。

・熱帯夜による睡眠不足
エアコンの室外機や都市部の住宅密集化などが原因で、夜間も温度が下がりにくいため、熱帯夜によって寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなって睡眠不足に陥ることがあります。そのため、睡眠によって日中の疲労を回復する事が出来ず、疲れがたまってしまい夏バテを引き起こします。

夏バテを防ぐための生活習慣とは?
・こまめに水分を補給する
通常の生活でも毎日2.5Lの水分が身体から失われています。なお、スポーツドリンクを含め、糖質の多い清涼飲料水の飲み過ぎは糖質の分解にビタミンB1を多量に消費するため、疲労感を招きやすくなります。注意点として、ビールは飲んだ量の1.5倍排泄するため、アルコールには利尿作用があり、水分補給にはならない。また、起床時や入浴後、スポーツ時は特に水分補給を心がける。

・温度差や身体の冷しすぎに注意する
外気温との温度差や身体の冷しすぎは自律神経の乱れを招きます。エアコンの風が直接当たらないようにして、寒さを感じたら衣類や膝掛けで等で調節しましょう。また、冷たい飲み物は胃腸に負担をかけやすく、身体の冷えの元にもなります。なお、夕方以降の涼しい時間帯に行うウォーキングなどの軽い運動は自律神経の働きを整える上で有効です。注意点として、エアコンの設定温度は28度を目安にして、外気温との差は5度以内に設定しましょう。

・睡眠をしっかりとる
暑さによる疲労回復や自律神経を整えて体調不良を改善するために睡眠はかかせません。ただし、エアコンのかけっぱなしによる冷しすぎはかえって体調を崩しやすくなりますので注意しましょう。

・1日3食、いつも以上に栄養バランスを心掛ける
暑さで疲れやすく、汗でミネラルを失いがちな身体はたっぷりの栄養が必要です。少量でも多くの品目を食べられるよう、食事の内容に気を配りましょう。また、きゅうりやトマトなどの夏野菜は水分が多く、ほてった身体を冷す働きがあります。

積極的に摂りたい栄養素
タンパク質・・・肉類や魚介類、豆類、卵、乳製品
ビタミンB1・・・豚肉、うなぎ
アリシン・・・たまねぎやニンニク、ねぎ
ビタミンC・・・アセロラ、パセリ、ピーマン、キウイフルーツ

特に夏バテに効く食材として、茗荷(みょうが)です。茗荷はミョウガ科の多年草で、独特の苦味と香りは夏に欠かせない薬味として知られています。食べると物忘れをすると言われていますが、実は逆で、精油成分のa-ピネンは大脳皮質を刺激し、頭をはっきりさせる効果があります。
また、白菜は抗菌作用や抗炎症作用、鎮痛作用のあるカンフェンおよびゲラニオールを含み、熱を冷まし、解毒効果があるので、夏バテには欠かせない食材です。

【本日の症例】
本日は陸上の走り幅跳びの練習中、踏切りで足を捻り、足関節に腫れや痛みを伴い来院された患者様です。
通常の足関節捻挫は足のくるぶしの下の前距腓靱帯という靱帯を損傷することが多いのですが、今回は脛腓靱帯というすねの骨とくるぶしの骨をつなぐ靱帯が損傷しておりました。脛腓靱帯損傷は比較的多く見られる怪我ですが、足首を過度に曲げた状態や着地などで荷重がかなり加わった時に多く見受けられます。
脛腓靱帯は脛骨と腓骨という足首の骨をつなぎとめているため、適切な固定や処置をしないと靱帯が緩み、習慣性捻挫や痛みが残る原因となってしまう事もあります。
今回は比較的軽度ではありました。しかしながら、軽い捻挫だと思い足を動かしていたために痛みがなかなか引かない事もよくあるため、写真のような固定を致しました。通常の医療機関では足関節捻挫にはサポーター程度の固定で済ませることも多いため、十分な安静は得られません。このような固定で足関節の曲げ伸ばしを完全に制限することで怪我の早期回復に繋がるでしょう。
また、いまむら接骨院のアキュスコープも怪我や痛みの早期回復を手助けしてくれるためアキュスコープと固定で経過を見ていきたいと思います。

新瑞橋でとにかく辛い痛みでお困りの方はいまむら接骨院にご相談下さい!

足関節固定


診療時間

PageTop