いまむら接骨院のブログ | 名古屋市瑞穂区の新瑞橋でとにかく辛い症状は実績豊富ないまむら接骨院にお任せ下さい

ブログ
2018年04月09日 [Default]
名古屋市瑞穂区で交通事故治療、むち打ち症が得意ないまむら接骨院です。

最近は寒さも落ち着き、暖かくなりましたが寒暖の差が激しいため体調管理には十分気をつけて下さいね。春と言えばインフルエンザの流行も終息し、ほっと一息できる季節になります。しかし、春に流行する感染症もあり、注意が必要です。
春に増える感染症といえば、風疹、麻疹(はしか)、おたふく風邪です。主に子供の間で流行する病気ですが、大人がかかると重症化しやすく、中でも働き盛りに多い風疹は周囲に感染が拡大しないように注意が必要です。

なぜ感染症は春に流行しやすいのでしょうか?感染する際は体調を崩していることが多く、その理由として、@送迎会、歓迎会、お花見など外出する機会が増え、また、時間も長くなりやすい。A新生活、新学期で生活のリズムが変わる。また、無理をしやすい。B昼間と夜の気温差が大きい。C花粉症などのアレルギー症状により免疫力が低下しやすい。D暖かくなり、感染症に対する意識が低くなる。などです。

春に流行しやすい感染症は・・・
@風疹
症状・・・発熱、発疹、耳の後ろのリンパ節が腫れる
感染経路・・・飛沫感染、接触感染
潜伏期間・・・4〜21日
A麻疹(はしか)
症状・・・発熱、鼻汁、目やに、全身の発疹
感染経路・・・飛沫感染、空気感染、接触感染
潜伏期間・・・10〜12日
Bおたふく風邪
症状・・・耳の下や顎の下がぷっくりと腫れる、頭痛、発熱
感染経路・・・飛沫感染、接触感染
潜伏経路・・・14〜24日
C感染性胃腸炎
症状・・・下痢、嘔吐、発熱
感染経路・・・空気感染、接触感染
潜伏経路・・・1〜3日
Dマダニ媒介感染症
症状・・・発熱、腹痛、嘔吐、食欲不振、頭痛、筋肉痛、出血症状
感染経路・・・マダニにかまれることで感染
潜伏期間・・・1〜3日

感染症の予防・拡大防止は手洗い・うがい、バランスのとれた食事、適切な運動、睡眠、予防接種などで抵抗力を高めましょう。また、体調の悪いときは早めに休む、不要な外出を避ける、などで感染を拡げないように心がけましょう。

【本日の症例】
本日は瑞穂区で車の運転中、信号待ちで後方より追突され首と腰に痛みを訴え来院された患者様です。
車と車での交通事故は軽い衝突でも強い痛みが出たり、また、数日後より出る場合も多く、今回の場合も事故当日はお体が興奮していて軽度でしたが、2日経過してから痛みが強くなってきたとのことです。施術は手技やアキュスコープなどで痛みや筋肉の緊張を緩和しました。事故から7日以上経つと事故との因果関係が認められなくなる可能性もあるため、早めの受診がとても大切になってきます。もちろんお仕事が忙しいとか用事があったとかも理由になりませんのでご注意下さい。
いまむら接骨院ではお身体の治療だけでなく交通事故の自賠責保険に関する相談事も致しておりますので、名古屋市瑞穂区などで交通事故に遭われた方は是非ご相談下さい。

2018年01月26日 [Default]
名古屋市瑞穂区で交通事故治療、むち打ち症が得意ないまむら接骨院です。

まだまだ寒い季節ですがみなさんは寒さ対策はいかがですか?最近は寒さに加え、むくみのある方も大変多くなっております。
むくみ(浮腫)とは、細胞と細胞の間の水が異常に増加した状態を言います。朝起きて鏡を見ると顔が腫れぼったい、夕方になると足がむくんで靴が窮屈になる、急に体重が増えたなどの症状が現れます。
体重が増えてもむくみと肥満ではその成り立ちは全く違います。むくみは体の水分が異常に増加した状態であって肥満は脂肪分が増えることです。区別するにはむくんでいると思う部分を強く指で押して下さい。指の形にへこみが出来ればむくみです。肥満の場合はこのようなへこみは出来ません。ひどいむくみは3〜4日で10キロも体重が増加する事もありますが、肥満の場合はここまで極端な体重増加はありません。

むくみの部位別症状
足・・・立ち仕事、デスクワークなどで同じ姿勢が続く、きつい下着による血行不良、生理痛の女性ホルモン分泌増加による血管拡張。
手・・・長時間の同姿勢、体が冷えやすい、運動不足ぎみ、塩分、アルコールの過剰摂取、体の水分不足。
顔・・・顔の皮膚の下の組織に水分がたまる、塩分・アルコールの過剰摂取、長時間の同姿勢、加齢による心臓のポンプ機能の低下、睡眠不足。

また、むくみが解消されない場合の可能性のひとつが、腎臓に関わる病気、いわゆる「腎臓病」です。腎臓は私たちの体内の水分量を調節し、老廃物を尿として排出してくれる働きを持つ臓器です。しかし、何らかの原因により腎臓の機能が低下してしまうと「むくみ」という形で症状が現れてきます。すべての腎臓病として浮腫(むくみ)が出てくるわけではありませんが、腎臓の病気の中でむくみが出てくる物はいくつかあります。

むくみの症状から疑われる腎臓病の種類
・糸球体腎炎
・痛風腎
・腎臓結石
・急性腎炎
・慢性腎炎
・糖尿病性腎炎
・ネフローゼ症候群
・腎不全

腎臓病の主な症状
・浮腫(むくみ)
・尿量
・夜間尿
・頻尿
・だるさ
・貧血
・かゆみ
・血尿
「血尿」、「タンパク尿」は検尿で初めてわかることが多いのですが、尿が泡立つ、赤褐色調になるなどで自分で気づくこともあります。

むくみの予防法
・お風呂につかる・・・血液の循環がよくなり、たまった老廃物が排出されやすくなります。
・入浴後にマッサージをする・・・末梢血管が広がって血液循環がよくなっている入浴後が効果的
・塩分の多い食べ物を控える・・・ファーストフードやインスタント食品などは控える
・カリウムを摂る・・・ナトリウムの排出を促すカリウムを積極的に摂る
・運動をする・・・水泳やウォーキングなどがおすすめ
・眠る姿勢に注意する・・・足を15センチ位高くして眠ると効果的
・枕の位置を調節する・・・靴や洋服と同じように枕もフィッティングしてから購入するの

このようにむくみと言っても様々な症状や予防法がありますのでぜひ参考にして下さい。

【本日の症例】
本日は自転車で走行中お車と衝突した交通事故の患者様です。
交通事故と言えば車と車による衝突や追突を思い出しますが、最近では自転車と車による衝突も大変多くなっております。通常の車対車の交通事故と比べ自転車対車の交通事故は怪我も重度で負傷箇所も多い傾向があります。今回の患者様も負傷箇所が大変多いため、施術も時間をかけてしっかりと治療していきました。特に打撲や挫傷には当院のアキュスコープが大変有効であり、痛みや内出血が早期に改善していきました。まだまだ経過観察中ですが痛みや違和感がなくなるまでしっかりと治療していきたいと思います。これから寒さが終わり暖かくなると自転車に乗る機会も増えると思いますので、車には十分注意して走行しましょう。

名古屋市瑞穂区、新瑞橋付近で交通事故治療やむち打ち症はいまむら接骨院に是非ご相談下さい。



2018年01月03日 [Default]
新年明けましておめでとうございます。瑞穂区、南区、新瑞橋駅すぐのいまむら接骨院です。
一年もあっという間に終わってしまいましたね。今年もいまむら接骨院は常に院内を活性化し、様々な事にチャレンジして患者様に還元していきたいと思いますのでよろしくお願いします。
写真は昨年の忘年会の写真です。スタッフと患者様も混ざってとても盛り上がりました。二次会の自宅での飲み会も深夜まで楽しかったです。また次回が楽しみです。

さて、年末から新年にかけて寒くなるにつれてインフルエンザも非常に流行ってきました。今年は流行が例年より早く始まりそうですので、早めの予防、対策が大切になります。
インフルエンザを予防する策として「予防接種」が挙げられます。多くの方が受けられる予防接種ですが、受けたからといって「絶対にインフルエンザにかからない」というわけではありません。かかりにくくなったり、重症せずに比較的軽い症状で済むというのが、予防接種のメリットです。
特に抵抗力の低い子供や高齢者の方は、予防接種をしっかりと受けていたほうが安心です。
インフルエンザが猛威を振るうのは、12〜2月の寒さが厳しい時期です。ピークを迎える前に早めの備えが必要です。医療機関の8割は適正時期を11月としています。遅くとも12月には接種するといいと思います。

また、不顕性感染の拡大にも注意が必要です。不顕性感染とはインフルエンザに感染しているのに症状が出ないままインフルエンザが終わってしまう人の事です。この不顕性感染はインフルエンザが発症できるほど体内に存在しなかったり、発症する前に高い免疫力やワクチンによる事前の免疫力でインフルエンザに対処してしまう事で、誰でも起こり得る事です。
しかし、恐いのはインフルエンザが発症していない為に感染に気づかず、ウイルスをまわりに広めてしまう可能性があるということです。インフルエンザはどこから感染したのか特定しにくく、また、潜伏期間があるために知らないうちに周囲にインフルエンザを広めてしまう危険性があります。

これから寒い季節はインフルエンザの予防接種だけでなく、手洗いやうがい、マスクの着用などで不顕性感染の拡大にも注意しましょう。

【本日の症例】
本日の症例は重いダンボールを持ち、いわゆる「ぎっくり腰」になった方です。ぎっくり腰は寒い時期になると非常に多くなります。特にお正月になると食べ過ぎたり、寝正月によって身体が固くなる事が原因だと思われます。また、同じぎっくり腰でも腰の筋肉が痛くなる筋膜性のものから、腰椎や仙腸関節などの関節が痛くなるものなど様々です。
今回は腰の筋肉が痛くなる筋膜性のぎっくり腰でしたが、腰の前側の腸腰筋という筋肉も痛みがかなり出てました。ぎっくり腰などの強い痛みがあると痛みをかばうあまり前かがみになるため、姿勢のバランスが崩れ、腸腰筋という筋肉に負担がかかり炎症を起こします。腸腰筋が痛くなると腰や脚を伸ばすことが困難になり、激しい痛みを伴います。
施術は腸腰筋を手技によって丁寧にアプローチし、いまむら接骨院のハイチャージという高周波治療器でインナーマッスルの腸腰筋に刺激をする事でかなり楽になりました。
今回の痛みは一回で完全になくなるわけではありませんので、経過を見ながら施術をしていきたいと思います。

瑞穂区、南区、新瑞橋で腰痛やぎっくり腰、ヘルニアなどでお困りの方は是非いまむら接骨院にご相談下さい!

忘年会

2017年11月24日 [Default]
いまむら接骨院の今村です。
最近めっきり寒くなってきましたね。身体が慣れないせいかとても寒く感じますね。特に冷え性の方はこれからの季節は辛い日々が続きますので冷え性対策は非常に重要になってきます。今日は家庭で手軽に冷え性対策が出来る「生姜(しょうが)」が非常におすすめです。

【栄養成分としての働き】
新陳代謝を活性にし、体を温めて冷え性を改善します。
栄養的にはビタミンB1、B2、Cが少量含まれる程度ですが、特有の辛みや香りにすぐれた薬効があります。まず、ショウガの辛みは、ジンゲロンやショウガオールと言った辛み成分によるものです。これらにはすぐれた殺菌力があり、食中毒の予防に有効です。また、胃液の分泌を促進し、消化吸収を助けるので食欲のないときなどには積極的に摂るようにするといいでしょう。新陳代謝を活発にし、発汗作用を高める働きもあります。
さらに、内臓の働きも活発にします。とくに腎臓ではこれらの成分の保湿作用によって冷えからくる腎盂炎や膀胱炎に効果的だと言われています。
辛み成分の一つであるジンゲロンには、魚などの臭みを消す消臭作用があると同時に、日和見菌に対する抗菌性などが認められています。つまり、魚などによる中毒を予防する働きもあるということです。ショウガの香りはジンギベレンという成分です。胃を健康にする作用、解毒作用、消臭作用があり、かぜの初期症状や吐き気止め、痰切り、咳止め、冷え性の改善、神経痛の緩和などに効果があります。また、ジンギベレンはコレステロール値の低下や血圧降下にも働くことがわかっています。

【生姜の漢方的な働き】
食用には根ショウガ、芽ショウガ、葉ショウガがあります。漢方では根ショウガを生姜と呼び、石炭をまぶして陰干しにしたものを乾姜といいます。乾姜は生よりあたためる作用が強く、冷えによる下痢などにいいとされています。

【生姜の効果・効能】
・冷え性改善・胃の健康・免疫力の向上・発汗促進・咳を鎮める・痰をとる・解熱・血栓を予防・鎮痛作用・抗炎症作用・心臓を強化・吐き気を抑える・めまいや耳鳴りを予防・抗菌、抗寄生虫、抗ウイルス作用・コレステロールを安定させる・抗酸化作用でアンチエイジング・うつ病を予防・デトックス作用

【しょうが摂取方法】
生姜ショウキョウ・・・主成分「ジンゲロール」1日6g
発散発汗作用があり、体温を一気に上げた後、発汗作用で熱を冷ますため、風邪の症状(喉の痛みや咳)を軽減する作用や解毒作用がある。
例)生姜の絞り汁。食べる直前に用意する。
「ジンゲロール」は身体の深部の熱を手足の先の血管に送り出す解熱作用がある。身体を温める効果を期待する場合、生の生姜は逆効果になるので注意しましょう。

乾姜カンキョウ・・・主成分「ショウガオール」1日2〜3g
温かさを持続する効果があるため、冷え性改善に適している。肺を温め、痰を除く。
例)乾燥させることで生姜の旨み成分が凝縮されるため、味噌汁やスープに入れると生の生姜よりも風味が出て美味しくなる。

乾燥生姜の作り方
@スーパーで生姜を購入する
A生姜を皮ごと縞に平行になるように切る
B生姜の厚さは2ミリ程度にする
C切った生姜を重ならないようにザルなどに並べる
D2〜3日生姜がカラカラになるまで天日で干し、自然乾燥させる

※乾燥生姜や乾姜をお料理に使用するときは温かいものにトッピングしてしてください。乾燥生姜や乾姜に含まれるショウガオールは「冷える+水の存在」でジンゲロールに変わります

【本日の症例】
出産後に脚の付け根が痛くなり、いまむら接骨院にご来院されました。出産後は骨盤の痛みや腰痛を訴える方が多いのですが、脚の付け根(鼠径部)の痛みも比較的多い場所になります。
出産後の骨盤はゆがみと開きが起こりやすく、赤ちゃんを抱っこする事で痛みが出やすくなります。
ただ、今回は産後2週間という早い段階でいまむら接骨院に来ていただきましたので産後の骨盤矯正とアキュスコープにより痛みもほとんど取れ、ゆがみと開きも改善してきました。
いまむら接骨院の産後の骨盤矯正は出産後すぐにできるという特徴もありますので、出産後は出来るだけ早めに来ていただけると改善も非常に早くなります。

出産後に身体の調子が悪い方、ゆがみが気になる方は名古屋市瑞穂区、新瑞橋のいまむら接骨院にぜひお越し下さい。

2017年10月26日 [Default]
名古屋市瑞穂区 南区で交通事故治療 むち打ち症が得意ないまむら接骨院です。

最近めっきり寒くなってきましたね。みなさん体調などはいかがですか?
この時期には特に「冷え症」対策が重要になってきます。冷え性は「手足や腰が冷える」だけでなく、冷えが原因となって肩こり、腰痛、不眠、手足のむくみ、肌荒れなど様々なトラブルを引き起こしていきます。また、心臓病、糖尿病、腎炎、卵巣機能障害、貧血などの病気が原因で冷え性が体にあらわれているケースもあります。
つまり、「冷えはあらゆる不調・病気のサイン」ともいえます。「たかが冷え」と甘く見ないことが大切です。冷え性の症状は、手足をはじめとする身体に冷えを感じます。男性よりも女性のほうが冷えを感じやすいです。冷えを感じることで別の箇所にも症状を感じるようになります。

冷えによって起こる症状は・・・
@寝つきや寝起きが悪くなる 
A身体がだるくすっきりしない
B頭痛
C肌荒れ
D生理痛
E生理不順
F肩こり

冷えが現れる場所によって症状が多少異なってきます。
@末端冷え性・・・手や足の先まで血液がめぐらない。手先が冷えていて眠れないことがある。
A下半身型冷え性・・・風邪を繰り返す。
B内蔵型冷え性・・・厚着をしても身体が冷える。便秘
下半身型冷え性と内臓型冷え性は、手足は温かいため自覚症状があらわれにくく、症状に気がつきにくいので放置してしまうと内臓が冷えてしまい膀胱炎や胃腸障害などを引き起こす可能性があります。

冷え性の予防・治療法
意識して生活習慣を変える事で冷え性を防ぐことができます。
@ミネラルやビタミンの豊富な食事を心がける
A甘いものを控える
B冷たい飲み物を飲み過ぎない
C運動をする
D湯船につかる
E冷え性に効く食事を採る
冷え性対策には、身体を温める効果がある物を中心に食べるといいでしょう。身体を温める効果のある食べ物ですが、まず土に埋まって育つ根菜が身体を温めます。例えば、ジャガイモ、しょうが、レンコン、大根などです。また、寒い地域や季節にとれる食材や塩辛さを感じる味噌、醤油、自然塩などの調味料も身体を温める効果があります。どの食材も焼く、煮る、炒めるなどして温めたり、塩辛さを感じる味付けをしたりすることで、一層、体を温める効果が期待出来ます。
体を温める食べ物・・・にんじん、カボチャ、玉ねぎ、レンコン、ごぼう、ジャガイモ、自然薯、玄米、鮭、納豆、キムチ
体を冷やす食べ物・・・きゅうり、キャベツ、レタス、なす、ほうれん草、小松菜、タケノコ、梨、スイカ、メロン、パイナップル、アサリなど

また、いまむら接骨院のハイチャージ治療器のモード@は体内のミトコンドリアを活性化し基礎代謝を上げる効果がありますので冷え性をはじめ、疲労やダイエットにも非常に効果がありおすすめです。

【本日の症例】
本日は4歳の子が腕を動かさなくなりお母さんと一緒に来院されました。幼児で腕を動かさなくなった場合は通常子供の肘が外れるいわゆる「肘内障」という脱臼がまず一番に考えられます。肘内障は私が整形外科でリハビリ主任として勤務していた頃はとても多く遭遇する怪我で、臨床経験が豊富であれば5秒もあればすぐにもどす事ができます。新人の練習は「脱臼はまずは肘内障から」と言われるほどよくある怪我です。逆に言うと肘内障ひとつ出来ない、または緊張している接骨院であれば怪我全般まかせない方がいいでしょう。
さて、今回のお子様は肘内障を疑いつつも他の怪我も疑った方がいいと思いました。なぜなら、@子供が段差から落ちたような気はするが、見ていないため原因がわからない、A肘が腫れている、B肘内障にしては回旋(手をひねる事)動作が出来る、などからです。
よって、いまむら接骨院と連携してる整形外科にレントゲンを撮りにいっていただきました。結果は骨に異常はないとのことでしたので一安心でした。一番心配していた事は「上腕骨顆上骨折」という腕の骨が折れる骨折です。幼児のこの骨折は治療の仕方を間違えると後遺症になりやすいため早期に整形外科に送るべきと思います。このようによくある怪我でも必ず他の怪我や内科疾患なども疑い施術をする事が常に必要だと思います。

新瑞橋、瑞穂区、南区で交通事故治療 むち打ち、肩腰 スポーツ外傷はいまむら接骨院へお任せ下さい!

選挙

2017年10月10日 [Default]
昨日は子供の保育園最後の運動会がありました。先週土曜日が雨で延期になりましたので祝日の月曜日に開催されました。
月曜日は暑くもなく寒くもなく気候はとてもよく運動会日和でした。毎年このような盛り上がる運動会を開いて下さる先生方、保護者会や関係者の方々には感謝してもしきれないほどでとてもありがたいです。毎年思いますが、園児たちの可愛い振り付け、手際のよい用意やライン引きなど見ていて大変だなと思います。みなさんが苦労した分、その見返りに園児たちの一生懸命な走る姿や笑顔がすごく癒やされます。

かけっこ:うちの子は毎年そうですが、競争心が人一倍なくて走ることが楽しいって感じのいやゆる草食系です(パパに対しては競争心ありますが)走ること自体そんなに遅くないのですが、スタートの時点で早くも最下位。まあ楽しく走ってくれて元気で楽しい姿を見ることが出来るのが一番うれしいです。思い返せば数年前はようやく歩けるようになったのに今では元気いっぱい走れる事自体不思議な気持ちですし、子供の成長って本当に早いんだなって実感します。そんな早い成長だからこそ、仕事のない日は1分1秒でもそばにいて一緒に遊んで子供が笑ったり泣いたり怒ったりした姿を少しでも目に焼き付けておきたいなと思います。

紅白リレー:紅白リレーは保育園の一番の華です。今回は紅組と白組が同点でしたので紅白リレーの結果が勝ち負けを決める大事なリレーになりました。うちの子はなぜか白組のアンカーでしたので最後に抜かれないかドキドキしていました。しかしながら出番が来たときには白組は負けてましたのでそのままゴール!白組は惜しくも負けてしまいました。まあ、勝ち負けよりもこういう思い出は本当にいい経験になります。

今まで年少さんから年中さんとずっと勝っていたのに最後に負けてしまいましたけど、本当にいい思い出になって子供も笑顔で楽しんでいたし、一生懸命出来たのでパパとしては100点満点の運動会でした。

本日の症例

本日は自動車で運転中信号で停車中に後方より追突され、腰と背中に痛みを訴えご来院されました。いまむら接骨院では整形外科の先生とも連携しておりますので、紹介状を書き整形外科を受診してもらいました。交通事故の場合は整形外科での診断書が必要になりますのでご紹介いたします。
車で追突というと首のむち打ち症を思い浮かびますが、腰にも強い衝撃を受けるため腰や背中の痛みも比較的多い疾患になります。重度の場合は外傷性ヘルニアになることもあるため早期の治療や検査も必要になります。今回は外傷性ヘルニアになるほどの重度ではありませんが、痛みは強く運動痛もあるためアキュスコープによる疼痛緩和や手技による施術をいたしました。施術により疼痛は楽になりましたが、交通事故の場合は後遺症になる可能性もあるため、集中して一人一人症状にあわせた施術をしていきたいと思います。

運動会

2017年08月28日 [Default]
瑞穂区の地下鉄新瑞橋駅6番出口、新瑞橋バスターミナル目の前ののいまむら接骨院です。昨日は患者様とスタッフによる合同飲み会でした。
もともとは患者様からのお誘いがあり女子会をしようって事になりましたが、なんだかんだで私も混ざり女子会ではなくなりました笑。いまむら接骨院のスタッフは忙しい主婦の方も多いため、なかなか都合がつかないかなと思ってましたが、1人だけ明日キャンプがあるという事で1人以外はみなさん来てくれて感謝。
私は仕事が終わってから合流しましたが、盛り上がってました。
まず始めに、患者様からこういうお誘いがある事自体非常に嬉しい事です。いまむら接骨院では治療だけでなく、患者様とのコミュニケーションも大切にしてますので、誘ってくれるという事は患者様とのコミュニケーションが取れていて仲良く出来ているのではないかと思います。
今後もこういう飲み会を定期的に開いてさらに大きくして患者様やスタッフ同士のコミュニケーションを密に取り、団結力を増していけたらなと思います。
私自身、接骨院のスタッフとはひとつの「チーム」でなければいけないと思います。チームがバラバラでは質の良い治療は提供出来ないですし、患者様にも伝わってしまいます。今後も新瑞橋のいまむら接骨院というひとつの「チーム」をより高めて患者様や新瑞橋というすばらしい地域により貢献できたらいいなと思います。
ちなみにわたしの好きな飲み物はコーラです・・はっきり言って飲めません笑。ま、まあ飲めなくても飲んでいる人と一緒のテンションですのでご安心ください笑。

本日の症例
先日交通事故により首と腰が痛くなりいまむら接骨院にご来院されました。いわゆるむち打ちです。
むち打ちは交通事故の追突などにより頚椎に屈曲、伸展が急激に加わり首の軟部組織が損傷して起こります。病院や整形外科でレントゲンに異常がなくても痛みが強いのが特徴です。いまむら接骨院ではむち打ちの治療は専門のプログラムにより、痛みの早期回復や後遺症が起こらないような丁寧な施術をいたします。
今回の患者様は少しふらつきもあるようでしたので、より繊細に施術しました。むち打ちの治療は単純な治療だけでなく、様々な症状が複合的に起こる事も多いので、経験、実績豊富ないまむら接骨院にご来院していただく事を強くおすすめします。
また、アキュスコープも痛みの緩和に非常に効果があるため大変おすすめです。

新瑞橋で交通事故やむち打ちによる痛みでお困りの方や病院、整形外科で通院中の方はいまむら接骨院にぜひお越し下さい。

患者様

2017年08月22日 [Default]
新瑞橋で腰痛 坐骨神経痛が得意ないまむら接骨院です。

昨日は子供とバッティングセンターに行きました。まだ5歳ではなかなかボールに当たりませんが、楽しそうにバットを振ってました。これからも時々バッティングセンターに連れて行き、いろいろなスポーツに触れさせてあげたいなと思いました。
そういえばいまむら接骨院の新瑞橋駅近くにもバッティングセンターがあったはずでしたね。
[本日の症例]
本日は坐骨神経痛で臀部から下肢にかけてしびれがあり、かなり痛みの辛い方がご来院されました。
坐骨神経痛は腰、あるいは臀部などに原因があり、坐骨神経に沿って痛みやしびれが出てくるよく見かける病気です。ひどくなると下肢の筋力低下や知覚鈍麻、さらに麻痺まで起こる事もあるので注意が必要です。
今回は麻痺まではありませんが、しびれや痛みがかなり強いです。経験上、坐骨神経痛の痛みが強いいわゆる急性期の場合は過度なマッサージの効果はほとんどなく、むしろ痛みが強くなるためおすすめしません。
いまむら接骨院で急性期の坐骨神経痛の施術は仙腸関節の調整とアキュスコープにより早期回復を図ります。
ただ、今回は痛みが強く、検査も必要だと判断したため、MRIが撮れる病院へ行っていただく事にしました。
坐骨神経痛は症状が治ればいいという訳ではなく、なぜ、しびれが出たのかはっきりと原因を調べた方がいいと思います。ただ、MRIやレントゲンなど画像で全て見るという訳ではなく、何か悪いものがないか除外するためのものと思っております。
なにもなければ患者様も安心して治療に専念して日常生活が送れると思います。施術に集中するあまり、偏った考え方をしないで検査もうまく使い、症状が治れば終わりではないと思います。
あとは坐骨神経痛が治った後の予防法はももの裏のハムストリングという筋肉のストレッチと骨盤の仙腸関節という関節のエクササイズが非常に効果があります。
いまむら接骨院で行う骨盤矯正も腰痛や坐骨神経痛の治療や再発防止に非常におすすめです。
そのほかの予防法として物理的な坐骨への刺激を少なくするという事も挙げられます。アメリカの研究ではジーパンにお財布を入れている人ほど坐骨神経痛が多い事も分かってきています。財布を入れている事や長時間椅子に座る事で坐骨神経に刺激が繰り返されるとしびれや痛みが出やすくなります。
こういった日常の生活でも少しずつ気をつけていくと痛みやしびれの出ないお身体になっていくと思います。
新瑞橋で腰痛や坐骨神経痛でお困りの方は新瑞橋駅6番出口、バスターミナル目の前のいまむら接骨院にお任せ下さい。
バッティング

2017年08月04日 [Default]
新瑞橋駅E出口目の前のいまむら接骨院の今村です。
最近メルカリ始めました。家の中に入らない物がかなりあるので断捨離のつもりで家にあるサーフボードを出品したら売れました。なんか結構楽しいですね。メルカリやってみたい方はなんでも聞いて下さい。

[本日の症例]
本日は交通事故でトラックに追突され病院で通院中でしたが、通いづらいため今月からいまむら接骨院に転院された方です。
ひどい事故に遭いながら、奇跡的に軽傷でした。こういうお話を聞くと、命ってつくづく不思議な物だなあと思います。命があるって事はまだ生きなさいって言われてるような気もしますし、生きる事で何かをしなくてはいけないと言う使命があるのではないかと思ってしまいます。私自身、5歳の子供の事は守る使命、育てる使命、幸せにする使命をいつも感じながら生活してます。一緒に手を繋いで歩いているだけで幸せを感じています。反面、いつまで手を繋いでくれるのかなあと不安もあります。
話が少しそれましたが、交通事故に遭われた患者様はいまむら接骨院自慢のアキュスコープやマッサージ、ウォーターベッドなどに大変喜んでおられました。いまむら接骨院では軽傷の方から重度の方まで幅広く対応出来ます。
名古屋市新瑞橋付近で交通事故むち打ちでお悩みの方はいまむら接骨院に是非お越し下さい。
サーフボード

2017年08月01日 [Default]
先日、子供が通っている保育園で夏祭りがありました。
みんな浴衣で楽しそうだね。うちの子はいつも女の子に囲まれてる笑。子供が楽しそうにしてるだけで私も癒されます。そして、保育園の先生方や夏祭り実行委員会のみなさんも暑い中お疲れ様でした。

本日の症例
本日は朝から首の痛みがかなりある方が来院されました。首がいたくてほぼ曲げられないためかなり辛そうです。こういう寝違いは首の深部の筋肉や一番上の頚椎を調整します。その後、いまむら接骨院のアキュスコープで通電していくと痛みもかなり取れました。まだ完全に取れてはいませんので、数回の通院が必要ですが、こういった首の痛みや、むち打ち症はいまむら接骨院の得意な症例です。最近はかなり暑くなりましたので、夜寝る際のエアコンの温度に気をつけないと、首から肩にかけての冷えが寝違いの原因になる事が非常に多いです。首まわりにタオルを巻くなどのちょっとした工夫が冷えの予防になりますのでみなさんも試してみてください。

新瑞橋駅付近で首の痛みやむち打ち症でお困りの方はいまむら接骨院にお越し下さい。

natumaturi

診療時間

PageTop